バレンタインで男性が彼女にして欲しいこととは?

「バレンタインに彼氏を喜ばせたいけど、チョコレートを渡すだけでいいのかな?」

恋愛の一大イベント、バレンタインはあなたから彼氏に「好き」の気持ちを改めて伝える日。彼氏に喜んで欲しくて、色々と考えている人も多いことでしょう。

 

そこで今回は、バレンタインで男性が彼女にして欲しいこととは何なのか、その本音に迫ります。その上で、彼氏を喜ばせるバレンタインの演出方法も紹介します。

 

男性の本音!バレンタインで彼女にこんなことをして欲しい!

男性は、バレンタインで彼女に何を望んでいるのでしょう?

実は、「こんなことをして欲しい!」という具体的な希望は、特にないことが多いのです。

 

もちろん、バレンタインは彼女からチョコレートのプレゼントをして欲しいとは思っています。バレンタインを彼女にスルーされたら、当然凹みます。

それは、裏を返せば「自分のために、彼女がバレンタインのチョコレートを選んで贈ってくれるだけで充分」ということです。

 

彼氏のことを想い、時間をかけて選んだチョコレートを彼女がくれるだけで、男性は幸せを感じてくれます。

バレンタインに男性が彼女に求めるのは、真心と思いやりなのです。

 

彼氏を喜ばせるバレンタインの演出方法

「大好きな彼女が、バレンタインで自分を喜ばせようと一生懸命考えてくれた」

その事実だけでも、彼氏にとっては嬉しくてたまらないものです。でも、せっかくなので記憶に残るくらい喜んで貰って、バレンタインを素敵な思い出にしちゃいましょう。

彼氏が確実に喜んでくれる、バレンタインの演出方法を紹介します。

 

チョコレートだけではなくプレゼントも添える

彼氏が確実に喜んでくれるのが、チョコレートだけではなくプレゼントも添える演出です。

日頃、彼氏が欲しがっているものがあったら、こっそり購入してサプライズでプレゼントしましょう。

 

「バレンタインはチョコレートだけだと思ったら、プレゼントまで貰った!」という彼女からのサプライズに、彼氏は喜んでくれます。

また、自分が欲しい物を彼女がきちんとわかってくれていて、しかも自分を喜ばせようとバレンタインに用意してくれたという心遣いに感動してくれます。

 

彼氏を喜ばせるために、バレンタインが近づいたら、ウィンドーショッピングデートをして、今何を欲しがっているのか、さり気なくリサーチしておきましょう。

 

気持ちを込めたメッセージカードを添える

プレゼントではなく、バレンタインのチョコレートにメッセージカードを添えるというのも、彼氏が喜ぶ演出です。

いつもLINEやメールで文字のやりとりをしていると思いますが、手書きのメッセージカードはあたたかみがあり、いつもとは違った感動があります。また、いつまでも手元に残る彼女との思い出の品になります。

 

彼氏に手紙やメッセージを送る機会は、なかなかないものですよね。

改めて手書きのメッセージを送るのは少し照れくさいかもしれないけど、バレンタインというイベントを理由があれば、素直な気持ちを文字にすることができます。

 

手書きはデジタルより時間と手間がかかるものです。「彼女が自分のために手間暇をかけて考えてくれた」というのも、彼氏にとっては嬉しいものなんですよ。

 

彼氏を喜ばせるデートコースを考えて渡す

バレンタインは、ただチョコレートを渡すのではなく、あなたがデートコースを考えて彼氏を誘ってみましょう。

彼氏が喜びそうなデートコースを考えてください。

 

普段は、お互い行きたい場所を順番にデートしたり、彼氏の方がリードして考えてくれたりして、それが当たり前になっているかもしれません。

だからこそ、バレンタインに彼氏のためのデートをあなたが企画するのです。

 

「今日はバレンタインだからあなたが主役ね」と、彼女が一生懸命自分を喜ばせようと頑張ってくれたら、彼氏は絶対喜びます。

バレンタインに素敵なデートをして、2人の思い出にしてくださいね。

まったりおうちデートで料理&チョコ系デザートを手作りする

バレンタインにデートも良いですが、「おうちでまったり」が好きな彼氏なら、あえてどこにも行かないという選択もあります。

 

でも、一工夫が必要です。いつものようなまったりおうちデートではなく、頑張って手料理を振る舞いましょう。

彼氏の好物を手料理するのも良いですし、まだ寒い季節なので、鍋料理もおすすめです。

彼女の手料理は、男性にとって嬉しいものなんですよ。バレンタインにちょっぴりゴージャスな手料理をご馳走してあげましょう。

 

食事が終わったら、バレンタインのチョコレートを彼氏に渡すのも良いですが、せっかくのおうちデートなので、チョコ系デザートを手作りしてみてはいかがでしょうか。

「デザートまで手作り、しかもチョコレート」という演出に、彼氏はきっと喜んでくれます。

 

そして、あなたがそのデザートを彼氏に「あ~ん」して食べさせてあげましょう。おうちデートだからこそできるイチャイチャです。

特別な日に、彼女が甲斐甲斐しくお世話してくれるのって、男性にとってたまらなく嬉しいものなんですよ。

 

先にダミーチョコを渡して後からスペシャルチョコでサプライズ

バレンタインにちょっぴり意地悪な演出をして、彼氏を喜ばせる方法があります。

 

まず、先に「あ、今日バレンタインだからあげる」と、何食わぬ顔で500円程度の市販のチョコレートを渡します。

できれば、一目見て「これは安い」とわかるようなチョコレートが良いでしょう。

 

彼氏は、一応彼女からバレンタインのチョコレートを貰えてホッとする一方、やる気のない渡し方と、やる気のないチョコレートに「こんなものか」と、少しガッカリします。

ガッカリした彼氏は、少しの時間だけ放置しちゃいましょう。

 

そして、「今日はもう終わりかな」と思わせておいて、「実は、こっちが本命チョコレート!」と、彼氏に渡すのです。

一度気持ちを落としておいて、そこからググっと上げる作戦です。

 

ただし、この演出は彼氏の性格によって、マイナスになる可能性があります。ストレートな愛情表現が好きな彼氏なら、このような演出は不要です。

一方、サプライズ好きならば、あなたの凝った演出を喜んでくれることでしょう。

 

バレンタインデーを忘れたフリからの「来ちゃった」作戦

もう1つ、ちょっぴり意地悪な演出があります。

バレンタインデーには一切触れず、会う約束をあえてしないで、当日「来ちゃった」と突撃する作戦です。

 

男性は彼女からのバレンタインのチョコレートを、少なからず期待しています。

チョコレートそのものが嬉しいというよりも、彼女が自分のことを考えて、バレンタインを準備してくれることに期待しているのです。

 

だから、「バレンタインにデートしよう」とは、男性の口からはなかなか言えません。

バレンタインだけは、彼女の方から誘って欲しいというのが男性の本音です。

 

それなのに、あなたがバレンタインに触れずに、会う約束もしないならば、彼氏は「忘れている?」「オレへの愛情ってそんなもの?」と、沈んだ気持ちになります。

そこから「バレンタインはやっぱり当日に渡したくて…来ちゃった」と、突撃して気分を引き上げる演出です。

 

ただし、この演出も注意が必要です。

彼氏が「彼女にバレンタインをスルーされた」と、寂しさを紛らわせるために出かけてしまう可能性がゼロではありません。

そのため、バレンタインには触れずに、でも家にいてもらう、もしくは会社や学校に彼氏がいる内に、あなたが渡しに行く必要があります。

 

「バレンタインサプライズをしようと思ったら、彼氏に会えなかった…」なんてことにならないように、充分作戦を練って実行しましょう。

 

大切なのは「彼氏を喜ばせたい」という気持ちです

男性がバレンタインの時彼女に求めるのは、「彼氏を喜ばせたい!」という気持ちです。

例えチョコレートを彼女から貰ったとしても、それが「バレンタインだから」という形式的、義務的な渡し方だと、嬉しさは半減してしまいます。

 

男性は、過度な演出がなくても、「一生懸命自分のために考えて選んでくれたんだな」と、あなたの気持ちが伝われば、それだけで充分嬉しいのです。

どうすれば、「彼氏のことが大好き!」というあなたの気持ちが伝わるかを考えて迎えたバレンタインならば、どんな形でも、きっと彼氏は喜んでくれることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

バレンタインで本命チョコレートを渡す方法と注意点

【男性向け】デートのモテテクニック15選!女性を喜ばせる方法とは?

関連記事

  1. 年齢差なんて関係ない!「年下男子ウケ」する女性になるには?

  2. クリスマスをひとりで過ごす方法【男性編】脱クリぼっち法も紹介

  3. バレンタインの男性の本音!貰って嬉しいチョコレートとは?

月間人気ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP