【LINE新機能】間違って送信しても大丈夫!メッセージ削除機能追加

あるようでなかったこの機能!

とうとうLINEのトークの「送信取消機能」がリリースされました。

今までも送ってしまったメッセージを削除ことはできましたが、

消えるのは自分のトーク履歴だけで相手のトーク履歴には残っていました。

それだと何のための削除機能なのか全く意味がわかりませんよね(笑)

そんな心配ももうご無用!

ということで今回新しく追加された「送信取消機能」についてご紹介したいと思います。

 

こんな誤送信とはおさらば

そういうことね(笑)

期待させちゃうやつ

送信取消機能の特徴

「送信取消機能」は1:1トークやグループトーク間で送信してしまったメッセージを送信後に削除することができる機能です。

ただし、機能で削除できるのは送信してから24時間以内のメッセージに限ります。

送信してから24時間以上経ってしまったメッセージは残念ながら削除することができません。

 

ちなみに「送信取消機能」の対象範囲は、

メッセージ、スタンプ、画像、動画、ボイスメッセージ、LINE MUSIC、URL、連絡先、位置情報、ファイル、通話履歴

の以上になります。

 

注意しなければいけないこと

ただ注意が必要な点としては削除できないメッセージもあります。

それは前述の24時間以上経ってしまったメッセージの他にも、LINE友だちのLINEバージョンによっては、メッセージを削除できない場合があります。

また、LINE@など企業アカウントに送信したメッセージは削除できません。

現状で対応しているのはスマートフォン版LINEとデスクトップ版LINEだけのようです。

 

取消方法は簡単

それでは肝心の削除方法ですがとっても簡単です。

取り消したいメッセージを長押しすると「送信取消」という項目が出てくるのでそれを押すだけです。

 

これで相手からもトーク履歴からもメッセージを削除することができます。

 

あとがき

LINE新機能「送信取消機能」はいかがでしたでしょうか。

自分が誤字に気づいていないメッセージは相手に読まれてしまいますが、送った瞬間に「やべっ!」ってなることも実際多いと思います。

僕も予測変換に頼ったり、フリックでメッセージを打つので、たまに打ち間違いをしてしまうのですが、

それが面白い文章になっていると自分一人で笑ったりしちゃいます(笑)

これからは打ち間違いや送信ミスをしても慌てずに「送信取消機能」を使って、ミスを取り消してしまいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

クリスマスをひとりで楽しむ8つの方法!クリぼっちでも寂しくない!

クリスマスの予定を聞く方法とデートの誘い方

黒筆事

黒筆事

当WEBサイトの裏ボス的存在な黒筆事です。
このフワモコの毛皮の中に秘めたエネルギーを
今 "解き放ち!!”
たいという気持ちを結局秘め続けながらも頑張って今を生きています。
昼食後は必ず "寝ること” がモットー。

関連記事

  1. クリスマスをひとりで女性が楽しむ9つの方法

  2. クリスマスをひとりで楽しむ8つの方法!クリぼっちでも寂しくない!

  3. クリスマスのプレゼント交換おすすめを紹介!【予算別】

  4. モテないと思っている男性諸君!自分の『ニオイ』気にしていますか?!

  5. 【新年の挨拶】疎遠になってしまった相手には今が連絡のチャンス!

PAGE TOP