注目の記事 PICK UP!

第4回目【ドタキャンする女性の真意は?】

どうも、恋愛探偵の中村千花です。

こちらのサイト以外では、
レンタル彼女を名乗っています。

レンタル彼女をご存じない方は、
CASUARISEのサイトの上部にある
【サービス】をクリックして、
【レンタル彼女】のサイトを
ご覧になってください。

レンタル彼女PREMIUMのサイトに
恋愛探偵のことが紹介されたので、
調子のいいことや変なことは
うかつに言えなくなっちゃいました……。

べつに『変なこと言わないで』とは
言われていないんですけどね。

なんでだろう、
よそいきの口調になってしまうのは?

1回目と比べるとテンションが低いのですが、
そのうち慣れて戻ると思います。

真面目なコラムのほうが
価値がありそうなので、
ついでにキレイな画像でも貼っておこうか。

 

 

さてさて、
今回も男性のクライアントからの
ご相談が舞い込んでいます。

 

クライアントKさんからの相談

 

40代男性です。

婚活サイトで出会った
20代女性を好きになりました。

その女性は若くて容姿も可愛く、
清潔で優しい人です。

婚活サイト内で
3ヶ月のメールのやり取りの後、
初デートになりました。

それから月に一度、
合計4回は会っています。

デートは老舗のフレンチや
高級レストランで食事をするか、
アーティストの知人の展示会に行き、
その後のパーティーに参加するという内容で
個人的な話があまりできていません。

女性とは結婚を前提に付き合いたいので、
一度ホテルのラウンジなどで
ゆっくりお茶をしたいと思っていますが、
ドタキャンに遭うことが多く話が進みません。

約束をした日の
前日か当日にキャンセルになるため、
女性から嫌われているのかと思って
諦めたりするのですが、
数日経つと女性の方からリスケの提案が来ます。

実は初デートの時から、
女性の都合でドタキャンをされていて、
その後も毎回会うたびに
少なくとも一度はキャンセルになっています。

それでも4回会えているので、
嫌われているわけではないのかなと思っています。

しかし、そうなると
毎度キャンセルされるのなぜなのか
思い当たる節がありません。

理由が分かりましたら幸いです。

まだ交際に発展する前でもあるので、
女性に詳しい理由を聞いてはおりません。

私は仕事で海外に行くことも多く、
著名人のレセプションパーティーなどで
女性と会話を交わすことはあります。

旧家の出自であるため、
家族や親族のほとんどが国立理系出身ということもあり、
自身も大学院を卒業するまで
国立理系の環境にどっぷり浸かってしまっていたため、
仕事以外でまともに女性と話したことがありません。

 

話を整理していきましょう

 

はい、ご相談ありがとうございます。

ちょっと、モヤッとする部分もありますが、
それは後程触れるとして……。

婚活サイトでの出会いや成約率は
低いということを聞きますので、
可愛い女性と会えてよかったですね。

せっかく勇気を振り絞って婚活を始めたのに、
そこで女性に出会えなかったりすると
自信をなくしちゃいますからね。

さて、本題ですが
何度もドタキャンしてくる女性は
Kさんのことをどう思っているか、という相談です。

理系らしく、事実しか書いていない文章で
とても状況がつかみやすかったです。

女性の方からキャンセルしてくるのに、
女性の方からリスケしてくる。

ということなんですが……。

たしかに、女性からキャンセルしてきたなら
男性が頑張ってアプローチをしたとしても
次はなさそうです。

それなのに、
女性の方からリスケを提案してくるって、
なかなかないパターンですね。

『諦めたら、そこで試合終了ですよ』
とは、某漫画の有名なセリフですが、
諦めたのに試合は終了しなかった!!

試合は続行中です。

たぷたぷ。

 

 

 

一度ならまだしも、
何度もドタキャンする女性の心理を
探っていきましょう。

 

『リスクヘッジ要員』

 

Kさんからの相談をいただいて、
まずはじめに思ったのは、この言葉。

Kさんは、リスクヘッジ要因に
されてしまっているのじゃないかということ。

そう考えられる理由は、いくつかあります。

 

その①
若い・可愛い・優しい女性だということ

婚活サイトで、
若くて、可愛くて、優しい女性であれば、
Kさん以外にも「いいな」と思っている
男性がたくさんいるはずです。

当然、デートのお誘いも
引く手あまたなんじゃないでしょうか。

そういった状態であれば、
彼女がKさんに固執しない理由は
よく分かります。

 

その②
急にドタキャンに遭うこと

Kさんのことは
結婚相手として、悪くはないのでしょうが
残念ながら、女性の興味は
Kさんにあまりなさそうです。

それは、一度女性のことを諦めたKさんも
感じていることだと思います。

Kさんのことを嫌だとは思っていないけれど、
おそらくその程度なのでしょう。

だからこそ、Kさんと約束した日に
女性の興味が上回るような誘いがあると
そちらを優先してしまうのかな、と。

Kさん以上に興味を持てる人からの
お申し込みを優先してしまうとか、
友人からのお申し込みを
優先してしまうとか……。

もしかすると、気が進まないという
ネガティブな感情が
勝ってしまった可能性もあります。

 

その③
数日経ってリスケの提案があること

デートの前日や当日にキャンセルをされて、
その連絡が数日後というのも
とても気になるところです。

そこまで積極的に
Kさんに会いたいとか、好かれたいとか
そういった感情が見受けられません。

その割に
女性の方からまた会う提案をする
ということは、
女性が誠実ではない対応をしても、
Kさんが自分を嫌いにならいだろうと
分かっているような気がします。

そして、それを分かっているからこそ
Kさんを繋ぎとめる行動に
出ているのだろうな、と。

Kさんにはとても失礼ですが、
女性からキープされているのでは?

引く手あまたの男性のうちの一人として
吟味されている気がします。

 

その④
経済的に余裕があること

Kさんははじめから
経済的に余裕があることを
女性に伝えてしまっています。

婚活サイトなので
年収や職業は公開しているのでしょうが、
収入が高いというだけでなく、
日頃からパーティーに行ったり、
グレードの高いレストランに行ったり、
女性によってはそういった生活を
好ましく思う人も多いため、
利便性の高い相手と思われている
可能性が高いです。

はじめに利便性を売ってしまうと、
『おいしいご飯を食べたいから
Kさんに連絡を取ろう』
といった存在になりかねません。

昭和的に言うと、
『キープくん』というやつでしょうか?

キープくんのお友達には、
アッシーくん、メッシーくん、ミツグくん
がいるんですよね。

 

 

ネットの情報によると、
アッシーくんは
もれなくBMWの3シリーズに
乗っているのだとか。

へー。

なるほど、なるほど。

横道にそれて、昭和のお勉強でした!

 

 

THE 推理

 

つまり、Kさんはその女性にとって、
都合のいい人になってしまっています。

Kさんのことを嫌いじゃないから
デートが続いているのだと思いますが、
Kさんと進展してもいいという
決め手がないんじゃないかな。

Kさんも女性のことを
若くて、可愛くて、優しいと
まるで記号のように表現しますが
女性もKさんのことを
お金があって、いいお店を知っている人
というように、記号に思っている
かもしれません。

このままデートを続けた場合、
女性にとってKさんよりも
条件のいい人が出てきたら
女性は連絡を絶つ気がします。

逆を言えば、
女性はKさんを上回る条件の相手を
探しているのだと思います。

 

恋愛探偵よりひとこと

 

はじめの方で触れた、モヤッとする部分
なのですが……。

Kさんがいちいち自分を上げてくるところが
どうしてもひっかかります。

これは、コミュニケーションの問題なので、
このたびの相談には関係ないのですが、
せっかく関わったので、お話をしておきますね。

おそらく、
Kさんには自覚がないんだと思います。

『老舗のフレンチ』、『高級レストラン』
……ただの『レストラン』という表記じゃ
だめですか?

『アーティストの知人の展示会』
……『展示会』の言い方ではだめですか?

『ホテルのラウンジなどで
ゆっくりお茶をしたい』
……『ゆっくりお茶をしたい』でも
話は通じますよね。

面倒くさくなってきたので、
それ以上は省きますが、
Kさんの言い方が『自分自慢』に思えて
なんだかモヤッとするのです。

 

 

 

 

『自分自慢』をする人には、
利益目的の人が集まります。

Kさんに興味を持つ以前に、
Kさんが自慢をする経済力や交友関係に
興味を持たれるのです。

でも、仕方ないですよね。

Kさんがそうやって自分のことを
相手にプレゼンしてしまっているんですから。

Kさんがどれだけ優しくていい人でも、
欲に目のくらんだ人からは
ちゃんと評価してもらえません。

Kさんから搾取してやろうという人が
群がる一方です。

ただ、Kさんの書く文面から
奢った感じはなかったので、
恐らく、Kさんの周囲の人(家族など)が
そういう物言いをするため、
移ってしまったのかもしれませんね。

私は、このKさんという人が
とても純粋なゆえに
人に騙されてしまわないか心配です。

物の言い方一つではあるけれど、
Kさんのためにもよくないし、
今度いい人と出会いたい気持ちがあるなら、
この機会に直していくことをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

理系男子との恋愛を成功させる10箇条

こんなミスしていませんか?会話の苦手意識を克服しよう!

中村千花

中村千花

レンタル彼女PREMIUMにてレンタル彼女をしています。
お仕事や日常で様々な恋愛相談を受けている中で、恋愛や人間関係・コミュニケーションについて気づいたことを発信していきます。

関連記事

  1. 第7回目【元カノと切れない彼の真意】

  2. 第14回目【彼女の前で緊張してしまう】

  3. 第11回目【子供っぽいと女性からフラれてしまった】

  4. 第5回目【チョコを渡した相手に避けられているかも】

  5. 第8回目【カレは嘘つき】

  6. 第2回目【彼の闇に触れたい】

  7. 第1回目【思わせぶりな人の気持ちを知りたい】

  8. 第12回目【つい人に厳しくして嫌われてしまう】

  9. 第6回目【他人に興味がないカレ】

PAGE TOP